Chekipon BLOG  
ログイン

告知!!

2011年06月20日15:55:00

「平成23年度 食と地域の交流促進対策交付金事業」及び、東日本大震災の被災地応援プロジ

ェクトの一環として観音寺草刈り体験を実施します。

詳細は次のとおりです。

 
 〔日時〕 平成23年 7月3日(日)  8時~12時

 〔場所〕 観音寺公民館集合

 〔参加人数〕 先着15名程度
          *イベント保険対応のため、事前申込制とします。
          *小雨決行、大雨の場合は集落散策など別の取組に変更します。

 〔主催者〕 ・観音寺天水木族
        ・栗東市街道百年ファンクラブ

 〔連絡先〕 栗東市建設部都市計画課
         TEL:077-551-0116  FAX:077-552-7000
         E-mail:toshikeikaku@city.ritto.lg.jp


身近に自然を感じることのできる、いい機会ですので、少しでも興味を持たれた方はぜひ参加の申込みをお願いします。




  

Posted by 14番 Comments(1)

イベント「山の恵みをいかす。暮らす・・・今、何ができるか」を開催!!

2011年04月09日18:24:00

 H23年度もスタート。久々の日記になります。会員NO.9川津です。

 間もなく1ヶ月が経過しようとしていますが、去る3月11日、宮城県太平洋沖を震源地として国内最大級となるマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、東北・関東地方の広範囲にわたり甚大な被害をもたらしました。
 今なお、東日本大震災と呼ばれることとなったこの巨大地震の影響により、被害に遭われた方、避難所での生活を余儀なくされている多くの方々に対しましてお見舞い申し上げるとともに、このたびの地震で亡くなられた多く方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 さて、我々の街道百年ファンクラブの活動としては、昨年度、京都橘大学竹山ゼミの学生さんとともに観音寺の間伐材を活用した家具デザインのコンペを開催、今年1月に竹山ゼミの皆さんとともに、コンペデザインによる間伐材による家具づくりワークショップを実施し、ファンクラブメンバーの様々な協力支援と観音寺天水木族の皆さんとのコラボにより熱心な学生さんによる手作りの素晴らしい作品が出来上がりました。

 この学生さんの「学び」の取り組みを今後の「活用」に活かしていくため、4月にこの間伐材制作ワークショップの発表会を予定しておりました。

 しかし、3月11日、日本国民にとって忘れることのできない衝撃的な大災害の発生・・・。

 その後、被災地に配慮し、国内で賑やかなイベント等の自粛が相次ぐ中、このまま日本国中が悲しみに暮れ、沈み込んでいると、経済社会が停滞し、本当に困っている東北地方の復興支援に悪影響が出るのではないかということさえ、危惧される空気が漂いつつあります。

 街道ファンクラブでは、こうした震災への配慮から一時は発表会イベントの自粛の選択も念頭にありましたが、イベントは学生さんの「学び」の発表の場であるとともに、これまでのファンクラブの活動を通じて「今、我々に何ができるのか」を話し合い、行動すべきではとの結論に至りました。

街道百年ファンクラブは、今年度も多くの方々とのネットワークにより、地域資源や地域に根付く文化伝統が大切に継承されることを願い、その活動が地域の元気につながるよう活動をしていきます!

 いよいよ来週に迫ったイベントの告知です。
       ↓  ↓  ↓  ↓

日 時: 平成23年4月16日(土)14時~(17時頃終了予定)
場 所:  観音寺公民館(栗東市観音寺)

H23コラボレーション企画(観音寺天水木族*栗東市街道百年ファンクラブ)
「山の恵みをいかす。 暮らす・・・今、何ができるか」

第1部 間伐材で家具づくり・発表会
京都橘大学(竹山ゼミ)が取り組んだ間伐材の家具づくりを通じて、これからの間伐材の活用可能性を探ります。
デザイン、製図、製作など、一連の作業を通じた公開プレゼンテーションです。
(協力:㈱大角工務店、観音寺天水木族、栗東市街道百年ファンクラブ)


第2部 「山」と「まち」のつながり・活動報告会
観音寺を舞台に自然や暮らし、文化をテーマに取り組んできたこれまでの活動を振り返ります。
自然とともにあった営み、暮らしを見つめ直し、今後の活動を考えます。
(報告:栗東市街道百年ファンクラブ)


第3部 (東日本大震災復興支援企画)
    災害を考える・・・今、私たちに何ができるか
未曾有の大災害が発生。私たちは自然とどう向き合うのかを参加者全員で考えます。


 これまでの活動の中から、生み出された作品等も盛り沢山!
 多くの皆様のご参加をお待ちしています!!









  

Posted by 14番 Comments(0) 広報

間伐材オロシ作業! その4

2010年12月03日16:45:52

 無事、予定どおり午前中の間伐材オロシ作業を終えた観音寺天水木族チームと

ファンクラブチームは一旦解散。



 しか~し折角観音寺に踏み込んだ我々ファンクラブ員は、もう一つの任務を遂行することに。





 それは観音寺の集落の高台にあると聞き及ぶ“空き家の現場確認”をすることです。

 空き家活用は、この観音寺まちづくりの“古民家活用プロジェクト”の柱の一つでもあるのです。



 この物件は以前に、我がファンクラブ員のO角氏が視察しているものの、実際目で確認をした

ことのなかった我々は天水木族代表の道先案内の元に現場に足を踏み入れるのであった~。



 高台からの景色を眺めながら、何とかここを観音寺での活動拠点にしたいとの思いにふける

会員No.9番川津でありました。(完)



〈文責 会員No.9番 川津〉







今は空き家となっているが比較的新しい??古民家の建物。

周辺は雑草で覆われており、みんなで草刈りからスタートできれば

観音寺での拠点も夢ではないかも!?







古民家の敷地内で鹿のフンをいたる所で発見!!人家の周辺にも鹿が山から

下りてきている現実を肌で感じる~









古民家は観音寺集落を真下に見下ろせる高台にあり、琵琶湖と西岸の眺望は

贅沢かつ最高のシュチェーション!









  

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動

間伐材オロシ作業! その3

2010年12月03日16:11:55

 無事、心行路林道で間伐材オロシ作業を終えた観音寺天水木族のメンバーと

ファンクラブメンバーは、積み荷を下の作業小屋前まで運搬することに。



 軽トラ他4台分の間伐材の積み荷は大小交えて約80本にも及ぶ大量の本数。

 前回はヒノキが中心だったが、今回は比較的軽いスギも含まれている模様。



 今回の製作作業は、角材の他、板材も視野に入れて製材する予定であり、かな

りの材料確保に皆さん大満足!ホントお疲れさまでした~っ。



〈文責 会員No.9番 川津〉





かなりの重量がある50年生輪の間伐材。落とすと大変なことに!





手際よく作業が進められる~





総数80本あまりの間伐材をGet!来年の作業に向けてしばしストックする。

ホント皆さんお疲れ様でした~www









  

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動

間伐材オロシ作業! その2

2010年12月03日15:44:47

 ・・・・で、倉庫前のセットはファンクラブ会員No.122T田氏が前日から観音寺で

一晩キャンプしていた名残だったのでした。夜冷え込む観音寺を想定し、薪ストー

ブ、バーナー、鍋、寝袋等、完全フル装備な様子で泊まった模様。



 T田氏のアウトドア友達で初登場の“岡もっちゃん”も間伐材オロシ作業に加わって

いただけるってことで、無勢のファンクラブチームも助かるってもんですWW



 今回の作業場所は心行路林道(しんぎょうじりんどう)での

作業ということで昨年夏の作業場とはまた異なった場所に地元観音寺天水木族の

皆さんと合流し、早速“間伐材オロシ作業”を開始することに!



 このあたりは太陽光の入りが比較的間伐が行き届いているエリアで山肌にゴロゴロ

と材料が転がっている状態。中には50年生輪の間伐材も含まれており一人で運ぼう

ならかなりHeavyなシロモノである!



 その上、かなりの傾斜地であるため十分気を付けないとシロウトには少し危険な状態?



 安全に気をつけて天水木族の皆さんのご指導を受けながら手際よく林道までの運び

だし作業を手分けして行う。T田氏もT山氏も初参加の岡もっちゃんも汗だくの作業とな

った~。

 

 もちろん私も足腰はフラフラ状態での作業である。



 マイナスイオンの山中は空気がホント美味しい!



 皆さん、無事怪我もなく大量の間伐材をGetできたのでした!



〈文責 会員No.9番 川津〉





間伐の行き届いた心行路林道沿道の現場





作業中のT田氏&岡もっちゃん





チェンソーにも初チャレンジのT山氏





天水木族チームと運び出し&積み込み作業中!





積み込み完了!































  

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動

間伐材オロシ作業!その1

2010年12月02日11:36:10

 ♪やってきました~深まる秋の観音寺~♪



 先日、11月27日(土)に観音寺心行路林道にて、街道百年ファンクラブ&観音寺天水木族の皆さんの協働作業により「間伐材オロシ」を実施しました~ww



 観音寺で間伐材オロシ作業をしたのは、昨年夏以来なので、実際作業で山に入るのは1年3ヶ月振りになりますかね??



 天気は晴れ。程よく暖かく気持ちの良い作業日よりであるicon01

 実は、本日の作業にある人物が不参加を表明したことが影響しているのかは(謎)・・・・ 

 

 

 昨年の間伐材は、これまでにほとんどが立派なヒノキベンチ等に活用されているので、今回の「間伐材オロシ」は、来年1月に予定している京都橘大学の学生さんたちとの間伐材を使ったベンチ製作WS用の材料調達がメイン作業なのであ~る。

 非常に楽しみな企画でもあり、材料調達にも力が入る~~!



 

 さてさて、朝9時に例(?)の倉庫前に集合すると観音寺天水木族の皆さんと少数のファンクラブメンバーが集まっていたのだが、その一角になにやら怪しいセットが出現!?



おや!?これはいったい・・・・・。



〈文責 会員No.9番 川津〉



























 







 











  



 

   

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動

今年もやりましょう!!間伐材オロシ

2010年11月24日17:29:46



 間伐材って良く耳にしますが、実際にどんなものかイメージできますか?



 美しい琵琶湖を守るためには、まずは山の保全が大切なんですよね。



 かく言う筆者も、最初は、「どうやって持つん??」 と思案しながら

 慣れない作業に戸惑っていつつ、肩にめり込む間伐材の重みを体感した

 ことを思い出します。

 そして、普段の運動不足なカラダに、心地良い疲れ、

 なんか山や琵琶湖のために少し良いことをしたなぁ(笑)という充実感、

 しっかりと木のぬくもりや香りを実感できました。

 

 言葉でわかっていても、実際に山に行って間伐材に触れる機会があれば

 なぁ・・・と思っている方には朗報です!!



 今年も11月27日(土) 9時から、間伐材オロシをやります!!



 場所は、観音寺から少し山をあがったところです。

 午前中だけの少しの時間で、イイ汗が流せそう。



 興味のある方は、ご一報を!!

 街道百年ファンクラブ事務局 栗東市都市計画課まで

 toshikeikaku@city.ritto.lg.jp



 (文責 会員番号10番 竹山)

   

Posted by 14番 Comments(0) 広報

東海道に素敵なお客さんが来られました!!

2010年11月22日17:42:22

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、一人?のロボットが乾電池をエネルギー源として東海道を走破しようと、日本橋を起点として三条大橋を目指すという壮大なプロジェクトが進行中です。



それが本日(22日)終点の三条大橋に到着しました。



その偉業を達成したロボットの名前は



「エボルタ君」



グランドキャニオン登頂や、ル・マン24時間耐久に挑戦し、全て成功したあの「エボルタ君」ですよっ。



http://panasonic.jp/drycell/evolta/challenge/53/ust.html



え、知らない?



そう言った声は無視して続けさせて頂きます。





そんなエボルタ君ですが箱根や鈴鹿の難所を越えて、我が栗東にも、去る11月19日に通ってくれました。



私が東海道に到着して、まずびっくりしたのがエボルタ君のスピード(時速2kmとのことですが結構早かったです。)と沿道にはエボルタ君を一目みようと結構なギャラリーがいらっしゃったこと。



沿道には学校の授業を中断し、小学校の生徒が目を輝かせてエボルタ君の勇姿に歓声をあげているのを目の当たりにし、世間では学級崩壊だのなんだかんだと話題になっておりますが、この子達や先生達には無縁であるなと思いました。









教室の中での勉強もいいですが、こうした事は記憶にも残るし、東海道の勉強や、理科の勉強などいろいろな勉強のキッカケとなると思います。







なにも小学生の勉強ではなく、わが街道百年ファンクラブの取り組みも、例えばエボルタ君でもいいですし、皆様に関心をもって頂ける「なにか」を見つけたいものですね。



(文責 会員番号122番 津田)

       

Posted by 14番 Comments(0) 広報

今年もやりました!!ヒカリトオトノセカイ2010

2010年11月15日00:00:00

 今年もやりました!2010.11.14

 

 観音寺には、人を魅せるパワーがありますね。

 ココだからこそ、アートが映える。



 「音げしき」では、地元のみなさんの語りによる『この世で一番美しい音』





 

 

 なんてピッタリなお話なんでしょう!

 善徳院が素敵なステージになり、語りべのやわらかい声、山田晴三さんの奏でるカリンバ、飯塚あかねさんの素敵な歌声、

 

 この美しいロケーションで、なんて贅沢な「音げしき」なんだぁ・・・。



 



 そして、ハルゾーさんのカリンバのやさしい音色に、あかねちゃんの心に響く歌声・・・。

 カリンバって何だぁ??

 って人も、この音聞いたらはまっちゃいます。 

 俺も絶対作ってみたろ!!(って無理なのかな??)





 「今年のヒカリ景色は1月頃まではやろかぁ」

 なんて気持ちの大きな人たちなんだ。

 確かにずっとあってほしいと思ってしまいます。



 街と山をつなぐ「川」・・・







 観音寺をイメージした「山」







 突如、出現したスタードーム 







 写真では伝えきれない美しさが、そこにはあります。

 

 満天の星空、琵琶湖を望む夜景、そして冬空の澄んだ空気に出現したヒカリ達。

 こいつは、その目でみなきゃソンソン!!



 (文責 会員番号10番 竹山)









  

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動

観音寺のおこないに参加!!

2010年03月08日14:00:00

 あいにくの雨の中。

 地域の伝統行事「観音寺のおこない」がとりおこなわれました。

 まちづくり活動にともに取り組んだよしみで、部外者??の私たちまで参加させていただきました。

 ここでもまた、集落のあたたかさを実感です。















 おこないの象徴的な注連縄は、白山神社に奉納され、5日間の行を経たのち、集落の入口に据え付けられます。

 玉串奉納まで参加させていただきました。「この集落が更に元気になりますように・・・」

















 神事の次にはおこないです。

 古くから伝承される献立のとおりに地元の食材がならびます。

 こんな沢庵の丸かじりは初めて。

 白いものは大根です。その甘さにビックリ!!













 









 おごそかながらも和やかな雰囲気で行事は進みます。

 「どうやったかいなぁ?」「まあ、構へんがな」久々の当番に戸惑いながら・・・。

 

















 いいんでしょうか?? お膳まで用意してもらいました。どこまであつかましいのか(汗)

 ご好意にあまえながら、甘酒を7献!!

 この7献は甘くなかった(大汗)

7献の間には「合い(愛)の手?」というおかわりまで!

 心もお腹もいっぱいになりました。













 古くから伝わる伝統行事に触れ、

 この地域のあたたかさは、昔から地域のみんなが仲良く楽しみながら伝えてきた、

 そんな地域の文化があるからなんやろなぁ。そんなあたたかい地域文化の歴史を

 感じました。 



 この「おこない」という業を経て、5日後、集落の入口に注連縄は掲げられます。

 朝5時に設置しますので、早起きの方は見に行ってみては!?



(文責 竹山)  

Posted by 14番 Comments(0) 実践活動